パパ活って違法なの?安全にお金稼ぎをするための方法を伝授

最近簡単にお金が稼げるということで、パパ活に関心を持つ人が増えています。

その一方で、パパ活は違法だという意見もあり、安全にパパ活をするにはどうしたら良いのかわからない、安全な方法を知りたい、と感じている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、パパ活は違法なのか、何が問題なのか、安全にパパ活をするためにはどうしたら良いのか、ということについて紹介していきます。

安全にパパ活できる人気のアプリランキング

「大人の関係を強要されたくない…」
「安心して利用できるサイトってあるのかな?」
↓そんなあなたにおすすめのパパ活アプリ・サイト↓

1位 ユニバース倶楽部
2位 ペイターズ
3位 シュガーダディ

ひなこ>安心してパパ活をするには、年収証明のあるサイトがおすすめです。簡単にできる本人確認より手続きも面倒なため、地雷パパに当たる可能性が低くなります。

パパ活に違法性ってあるの?

パパ活と聞くと、真っ先に売春防止法を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

売春防止法は金銭を受けて特定の相手と性行為をすることを定義としており、売春をする側、される側になってはいけないという法律です。

パパ活が違法にならない理由

まず、食事など体の関係を持たないパパ活であれば違法にはなりません。

パパ活というのはパパにあたる男性からお金をもらうということになりますので、もしも体の関係があった場合、お金をもらって性行為をしたということになります。

その女性にとって男性は不特定多数の1人ですので、これは売春となり違法になってしまいます。

パパ活をしている人の中には体の関係を持つ人もいますが、ほとんどのP活女子は食事をしたり買い物をするだけで十分稼げています。

ひなこ>パパ活=違法 になるとは限りません。

肉体関係のありのパパ活は売春になる?

先ほど、金銭のやりとりがあって性行為が生じた場合に売春禁止法に引っかかるという話をしました。言い換えれば、もしも肉体関係を持ったパパ活をした場合、それは買収に値するということです。

パパ活にはお金のやりとりが関わりますので、男性が女性にお金を払い肉体関係を持つとなれば、売春防止法に引っかかり、違法となります。

そういったリスクを避けるためにもパパ活をする場合、体の関係を持つことはおすすめできません。

最近はネット上でパパ活の相手を募集する人がいますが、人目に触れるような方法で売春の相手方と同じように勧誘した場合、それは売春防止法に引っかかります。

インターネットなどで売春を勧誘した場合は刑罰に処せられる可能性がありますので、気をつけなければいけません。それだけで仮に売春をしていなかったとしても、逮捕される可能性があります。

高校生(未成年者)のパパ活は合法?

最近は高校生でもお金が欲しいということでパパ活をする人がいますが、高校生がパパ活をするというのは違法なのでしょうか、合法なのでしょうか。

ここでは、高校生のパパ活には法律的に問題があるのかどうかということについて紹介していきます。

高校生パパ活の危険性

高校生のパパ活は違法ではありません。パパ活というのは男性からお小遣いをもらって話し相手になったり、一緒に買い物したりするというものになるため、それそのものには違法性がないのです。

ただしこの場合の違法ではないパパ活というのは、ただ一緒に食事をしたり買い物をしたりするものを指すのであり、もしも体の関係が生じた場合は違法行為になります。

未成年と性行為を持ったということで男性側が逮捕されることになります。市町村の条例によっては肉体関係を交わさなかったとしても、補導対象になる可能性もありますので気をつけなければいけません。

また、もしも高校生がパパ活をした場合、高校生の側は補導や親や学校への連絡のみで済むケースも多く、警察に逮捕されるなどという事はまずありません。

しかし未成年者と肉体関係を持った、未成年者にお金を払って食事に付き合ってもらった、などということで男性側が逮捕されるケースが多いため、仮に高校生のパパ活が良い方ではなかったとしても、男性側が高校生を相手にしないことも多いです。

未成年者はパパ活アプリが利用できる?

未成年がパパ活をする場合、アプリが利用できるのかどうか悩む人もいるかもしれません。最近はアプリでパパ活のパートナーを探す人も増えましたので、高校生でもアプリを使ってパートナーを探したいと思うかもしれませんね。

パパ活のアプリは、18歳以下、つまり高校生は登録ができません。マッチングアプリなどを使ってパパ活の相手を探す人もいますが、ほとんどのマッチングアプリは18歳以上でなければ登録できず、たとえ18歳であっても高校生は登録できません。

そのため、高校生はアプリを使ってパパ活をする事は不可能だと覚えておきましょう。また、「シュガーダディ」では年齢認証のみならず、本人証明も必要です。そのため高校生は登録ができませんから気をつけましょう。

高校生がパパ活をする方法

もしも高校生がパパ活をしたいと思うなら、TwitterなどのSNSを使ったり、無料の出会い掲示板を使ったりする必要があります。

Twitter等では#を使うことで様々な人のアカウントが見られますし、Facebookなどと違って「フォローしていなければ見られない」などということもありません。

無料の出会い掲示板を使うと様々な人のやりとりが見られますし、近場の人や条件が良さそうな人を選ぶこともできます。匿名性がありますので、警察に捕まる心配もありません。

Twitter等では警察に調べられてしまうこともありますが、掲示板であればそもそもどこの誰かなどということまでわかりません。

また、その辺を歩いているおじさんをナンパしてパパになってもらう方法があります。都心などでは男性が女性をナンパすることもありますが、女性が男性をナンパすることも少なくありません。

しかし全ておすすめできません!

なぜなら女性側の素性を隠してパパ活ができるメリットがある分、相手(パパ)の素性も不透明ですので、大変危険な行為です。

焦るひなこ>どうしてもパパ活がしたいのであれば、あくまで自己判断で行動をしてください。

ラブパパが既婚者だと、奥さんから訴えられる?

ラブパパという表現を聞いたことがあるでしょうか。これは【体の関係があるパパ】という意味になります。ただパパ活をしたとしても、デートや食事をするだけではその相手はラブパパにはなりません。

また、もしも肉体関係を持つパパ活の相手が既婚者の場合、浮気や不倫だと間違われて奥さんから訴えられてしまうこともあります。

実はパートナーの浮気や不倫を証明するもののひとつに、2人がホテルに入っていく姿の写真や性的な会話をしている録音があります。

どれだけ2人が愛し合っているかなどという事は関係なく、【2人が肉体関係を持ったかどうか】ということが浮気や不倫の定義になるのです。

もしも自分の夫が他の女性と体の関係を持ったとなれば、それはたとえお互い愛し合うということがなかったとしても浮気や不倫だとみなされることがあります。

そのため、女性がパパ活をしているつもりであったとしても、もしもラブパパの奥さんがそれに気づいた場合、浮気相手や不倫相手として訴えられてしまう可能性があります。

もしもそのラブパパがその結果離婚したなどということになれば、損害賠償がより高額になってしまうこともあります。

浮気や不倫の損害賠償は一般的に100万円から200万円と言われていますので、気をつけなければいけません。もちろん未成年者であっても変わりません。

お手当の脱税で逮捕の危険あり!?

実はパパ活をすると性的な行為などというものではなく、脱税で逮捕されてしまう可能性があるということも覚えておかなければいけません。

というのは、パパ活でお小遣いをもらった場合、その金額が年間110万円を超えてしまった場合は、贈与税を支払わなければならなくなります。

税率は金額によりますが、大体10%から55%です。もしも贈与税を延滞した場合は延滞税が加算されてしまうこともありますし、もしもそのままで放っておいてしまうと脱税とみなされ、犯罪として逮捕されてしまう可能性があります。

確かに、パパ活でもらっているお小遣いであり、収入になりますのでしっかりと税金を支払わなければいけません。年収が110万円を超えなければ問題ありませんので、そこまでの年収がないように見せかける人もいます。

また、パパの会社で税金対策をしてもらい、会社の経費として落としてもらうことも可能です。そうなれば会社としてもメリットですし、そのパパ活でもらったお小遣いは人件費になりますので、税金の心配がなくなります。

もしもよくわからないと思ったら、申告や納税について税務署に確認しましょう。もしもパパ活で脱税してしまえば、過去にわたってその金額を調べられ犯罪として逮捕される可能性もあります。

ひなこ>面倒でも税金対策は忘れずに…。

安全にパパ活をする方法

安全にパパ活をするためにはどうしたら良いのでしょうか。

パパ活はリスクも少なく、効率的にお金が設けられるため女性に人気がありますが、その一方で売春防止法により処罰される可能性やパパのパートナーである奥さんから訴えられる可能性もゼロではありません。

既婚者パパは避ける

既婚者のパパは避けることをおすすめします。もしも既婚者のパパが相手になってしまい、そのパートナーの奥さんにばれてしまった場合、損害賠償を請求される可能性もあれば訴えられる可能性もあります。

恋愛関係があったわけではないと言っても関係ありません。体の関係を持ったということがポイントになりますので、面倒なトラブルを避けるためにも既婚者のパパは避けることをおすすめします。

パパと肉体関係を持たない

売春防止法に引っかからないように、パパと肉体関係を持たないことも大切です。体の関係を持ってしまえば、それは売春になりますので、逮捕される可能性もあります。

その男性が逮捕される可能性もありますので、体の関係は持たないのがベスト。デートや食事でお小遣いをもらうということが大切です。

安全性の高いサイトでパパを探す

先程も説明したとおりSNSなどを使ってパパを探すと公衆の面前で売春相手を探したとみなされ、売春防止法に引っかかる可能性があります。

また裏垢など素性を隠して利用することができるため、危険な目にあうリスクがありますね。

一方最近流行りのパパ活専用マッチングアプリは、男女共に年齢確認や本人確認が必須となっていますので、かなり安全性が高くパパ活女子から注目を集めています。

ひなこ>アプリを利用することでなにかトラブルがあった場合でも、運営側が対応してくれますので、安心してパパ活できますね♪

犯罪リスクのない出会いを求めているなら、マッチングアプリでパパ活がおすすめ!

パパ活は効率的に高いお金が稼げるため、女性の間で人気があります。しかしその一方で、気をつけなければ犯罪になってしまう可能性もありますから、気をつけなければいけません。

もしも犯罪リスクのない出会いを求めており、安全にお金を稼ぎたいと思うならぜひマッチングアプリを利用しましょう。

マッチングアプリで安全にパパ活をしている女性は非常に多いですので、そのようなアプリを利用することで犯罪リスクのない、健全な出会いが実現します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました